• 伊藤有希

3Dパースで仲良しダイニング提案(*´з`)


特技…なのかな。

私は3Dパースを作るのが好きです。

わりと、コーディネーターの先輩からも褒めてもらえる分野です。

今回はそんな3Dパースを使って、ひとつプラン提案をしてみます…。

例えばこんな部屋はいかがですか。


ダイニングカウンター付きキッチン。床上げ和室はモダン演出♪

和室にルーバー。マンションなどLDKに和室が接している場合が多いので、ルーバーなどを使ってモダンに演出しつつ見えすぎない工夫をしたり、床を上げて空間のつながりに変化をつけてみたり工夫をします。

コーディネーター的ポイント

この絵のキッチンを使う人の行動として①キッチンに立つ人 ②カウンターに座る人 が想定されると思います。

キッチンで作業する人と、自然なコミュニケーションが取れるようH850のハイカウンターと、カウンター用ハイチェアを置いてます。

なんとなくバーっぽくてかっこいい!だけじゃなく目の高さを合わせる意味で、ハイカウンターも役割があるのです。

さらに目の高さに焦点をおくということで…。リビングに面した和室の床を上げたのは、和室は床座でくつろぎます。リビングのソファや椅子に座る人と、目の高さ=アイレベルを合わせ、自然な会話を生む空間を狙っています。

3Dパース作成の工夫

私が使ってるソフトはメガソフトさんの、インテリアデザイナーNEO2ですが。

この会社のソフトはマイホームデザイナーproシリーズなど建築分野に特化したものなど幅広く使われています。

さまざまなパースソフトは世の中にありますが、10万円未満と比較的安価でわりと自由な表現ができるので、今の私には十分なものです。

小さなコツや、工夫が表現にぐっと臨場感を与えるなあと感じます。

そのコツは…。

①梁や、天井高の高さの確認を忘れない。

②照明の入れ方、光源の設定を変えられれば劇的に変わる。

③ルーバーや、カウンター、細かい意匠部位の色も変える。

の3ポイントかなと思います。

私自身このあたりができるようになってから、周りから褒めてもらえるようになりました。

できるひとからすれば当たり前のことかもしれませんが、一生懸命間取りや家具を入力してもどことなく殺風景なパースになってる人も少なくないかとおもいます。

こんどそういうポイントを抑えてないものとパースの完成度など比較してご紹介したいと思います。

Twitter:Be hope design


0回の閲覧

活動地域:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県

佐賀県佐賀市在住

お問合せはメールにてご対応いたします。

EMAIL:yuki_i@i-d-cycle.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Houzz  - グレーサークル